HOME > 製品情報 >  紫外線炎検知器

製品情報
防爆制御機器
水素ステーションで見えない炎を検知
水素検知器

紫外線炎検知器 NUV-P1000:耐圧防爆構造
 防爆構造   耐圧防爆構造 
 防爆性能   Exd Ⅱ CT6(水素・アセチレンガス対応) 
 検定合格番号   TC21205 
 材質   アルミ合金(AC4C-T6) 
 検出方法   紫外線検出方式
 (検出波長:185nm~260nm) 
 検出距離   約4cmの炎を10m先で検出 
 検出角度   約60° 
 検出時間   0.5s,1s,2s,3s,4s,5s,6s,7s
 (スイッチ切替) (初期設定0.5s) 
 警報出力   1c リレー接点出力(約2s保持) 
 使用周囲温度   -20℃~50℃ 
 定格操作電圧   DC 12V~24V 
 定格消費電力   待機時:200mW以下(DC24V時)
 検出時:500mW以下(DC24V時) 
 外形寸法   Φ82×105(本体部) 
 保護等級   IP66 
 質量   約1.6kg 
 適合ケーブル仕上り径   Φ11mm~φ12mm(標準) 
 付属品   日除け 



1.製品特徴
1.水素やエタノールなど見えない炎を検知
炎から放射される紫外線を検知する事が出来ます。
検知した後、リレー接点を利用して上位システム(散水機、アラーム等)を動作させる事ができます。

2.耐圧防爆 ⅡC仕様
耐圧防爆構造のため、ゾーン1、ゾーン2で使用することができます。

3.オンサイト型、オフサイト型どちらの水素ステーションでも使用可能
高圧ガス保安法により、水素ステーション(ゾーン2)には、防爆化された炎検知器の設置が義務づけられています。
そのオンサイト型、オフサイト型、双方の水素ステーションに設置することが可能です。
※「オンサイト型」:水素ステーションの現場で液化石油ガス(LPガス)や都市ガスから水素を製造する方式。
 「オフサイト型」:圧縮水素や液体水素を水素ステーションの外部からトレーラーなどで運び込む方式。




■外径寸法
外形寸法

■内部構造図及び端子配列図
外形寸法



紫外線炎検知器 のパンフレット・取扱説明書・外形図

パンフレット(pdf形式)     取扱説明書(pdf形式)     外形図[標準](pdf形式)